スーパーホワイトフェイスを考察

フクロモモンガのWF

アメンバーさん限定で書いたやつはきっちりまとまってなかったので、後半を修正してとりあえず公開。

 

Super[súːpɚ] : すごい,極上の,過度の,素晴らしい,特別な

スーパーと聞いてわたしが最初に思い浮かぶのは「スーパーマン」です。
スーパーマン[Super Man]=すごい人→ヒーロー ってことですよね。

この「スーパー」って言葉が曲者でして、レオパの品種名に良く出てきます。

・スーパーマックスノー
・スーパージャイアント

他には

・スーパーハイポメラニスティック
・スーパーギャラクシー

とか。

上の2つと下の2つでは「スーパー」の持つ意味が少し違います。

スーパーを冠することが多いスノーとジャイアント。
この2つは遺伝子上のスノー因子やジャイアント因子が2つそろっています、ホモ接合体です、ダブルファクターですって意味で使われています。

・・・ジャイアントに関しては本当に共優性なのかどうかってことはとりあえず今は置いときましょう。

一方でハイポメラニスティックはスノーのように1つの因子で構成されていないのでヘテロもホモも言い表せないわけで、ピグメントが極端に少ない、ハイポのより上の特別なハイポ!って意味でスーパー(ちょースゲー!)が使われます。
スーパーハイポは定義があるみたいですが、きちんと調べてないのでにごします。

スーパーギャラクシーはなんでスーパー付いてるかは良く分からないですが。
すげー!きれー!的な意味?カナ?

あ、スーパーラプターとかスーパーレーダーとかのスーパーはスーパースノーの略です。
略されてるととってもややこしい。

レオパの中のスーパーはこんな感じ。

で、次がフクロモモンガの中のスーパーについて。
フクモモの品種の中で使われるスーパーで代表的なのが「スーパーホワイトフェイス」かなーと思います。

「スーパーホワイトフェイス」に関して尋ねられることが多いので、自分的考察をとりあえずまとめ。

ホワイトフェイス因子は、上のレオパで言うところのスノーではない・・・というか、こちらもまた単純優性ではないっぽい。
いろんなところのブリード結果を拝見してると。

WF遺伝子は、優性遺伝とされています。
なのでこれがヘテロであろうがホモであろうが、見た目は顔の白いフクロモモンガ=ホワイトフェイスが生まれるってことになります。

確立上で言えば、
ヘテロWFの場合、クラシックと交配した際に生まれる子供は半分がWF(ヘテロ)で残り半分がクラシック。
ホモWFの場合、クラシックと交配した際に生まれる子供はみんなWF(ヘテロ)。
ヘテロWF同士の交配の場合生まれる子供は、4分の1でWF(ホモ)、4分の2がWF(ヘテロ)、残り4分の1がクラシック。
ホモWFとヘテロWFの交配の場合生まれる子供は、2分の1でWF(ホモ)、残り2分の1でWF(ヘテロ)。
ホモWF同士の交配の場合生まれる子供は、すべてWF(ホモ)。

なので、このWF(ホモ)=スーパーホワイトフェイス(仮)は何と交配してもWF遺伝子を子供に受け継がせることができる ということになります。

ですが、なかなか”WFしか生まない”「ホモWF」がいないんですよね。
本当ならマックスノーとスーパーマックスノーくらいの割合でいてもいいはずのものなんですよ、計算上は。(便利な言葉)

まあそれで、ホワイトフェイスはふつーの優性遺伝及び共優性遺伝ではないのではないか と考えているわけデス。

ってことで、ホワイトフェイスは今ちょびっと流行りのポリジェネティック(多因子性遺伝)なんじゃないの?と考えています。

※もしくは、WF遺伝子のホモ接合が致死遺伝子であるのかのどっちかかな。(致死遺伝子についてはマウスの優性Y遺伝子がおなじみ。)

 

ポリジェネで「スーパー」を使うとなると、明確な基準がないとどれもこれもスーパーと言えてしまいます。

 

ってことで、「これぞ!スーパーホワイトフェイスだ!」ってWF目指して頑張ります。

 

フクロモモンガ ホワイトフェイス

 

 

この子は私の基準だとSPWFではありません。

 

ホワイトフェイス

 

でも可愛さはスーパー(*´ω`*)@バ飼い主


Posted on: 2015年2月9日, by : ひみる